探偵の調査力の比較

探偵事務所は全国に数多く存在します。
しかし、実際に探偵事務所に調査を依頼する際に知りたいのは、どのくらいの調査力があるかだと思います。では、どのようにしたら依頼しようとしている探偵事務所に調査力があるのかを見分ける方法を紹介します。

 

調査力というものは、探偵事務所に直接「調査力はありますか?」と聞いても返ってくる答えはどの探偵事務所でも同じだと思います。答えは「調査力はあります!」です。実際に調査力がない探偵事務所でも「ない」なんて言うとお客は来ませんから必ず「ある」というはずです。では、調査力というものはどこで見れば分かるのでしょうか?

 

私が考えるに、調査力というものは”調査員の技量”と”調査機材の質の良さや量”になってくると思います。この2つが全てというわけではないかと思いますが、大半の調査ではレベルの高さと機材の質でが決まってくると思います。”調査員の技量”は、ずっと調査員に引っ付いてどのような仕事をしているのかを見ることでわかると思います。

 

しかし、現実的に考えてこのようなことはできないものです。
ですので、調査員の技量に関して言えばなかなか知ることは難しいかと思います。しかし、”調査機材の質の良さや量”は、知ることができます。
調査機材の質の良さや量を知るための方法としては、探偵員に調査の機材を見せてもらう、調査機材の知識がきちんとあるのかを知る、調査機材を依頼に対して使用してもらえるのかを知る、ということが必要になってくると思います。

 

調査を行う上で必要になってくる機材は
暗視カメラ・光学100倍以上の望遠カメラ・一眼デジカメ・小型カメラです。
この4点があればとりあえずは合格といった感じでしょうか。

暗視カメラ

暗い場所でもカメラ撮影ができるカメラです。
家庭用のカメラとは違いますので、こういったカメラは探偵事務所はおいていないといけません。

光学100倍以上の望遠カメラ

望遠カメラは光学でないと意味がありません。
デジタルズームでしたら普通のデジカメとなんら変わりませんので。

一眼レフデジカメ

一眼レフは、最近ではあまり見なくなりましたが、プロの調査員にとってはなくてはならない機材です。

小型カメラ

小型カメラは、どんな探偵事務所でもあると思います。

 

注意まずは、探偵事務所に「調査に使用する機材を見せて欲しい」ということを伝えてみましょう。きちんと機材についての説明もしながらどのような時に使用するのかも教えてくれたらその探偵事務所はとても信頼できる探偵事務所でしょう。


このページの先頭へ戻る