行動調査にかかる探偵費用相場

探偵事務所に依頼する費用はいくらかかるのか?弁護士費用はある程度の金額を提示しているのでわかりやすいかと思いますが、探偵費用はあまり提示されていることはないですよね。
ここではたんていに依頼した場合の費用の相場をみていきましょう。

 

探偵の調査費用の相場

行動調査
調査内容1

張り込み、尾行、撮影で行動調査。
1日6時間(午後5時から午後11時まで)
月曜日〜金曜日の対象者の行動を調査する。
月曜日〜金曜日までの5日間ですので合計30時間の調査になります。
調査員は2〜3名で行います。
撮影機材一式、調査車両は1台
すべてを合わせた金額が料金になります。
料金は、28万円〜55万円かかります。

調査内容2

対象者の勤め先、早朝の張り込み、尾行などの行動によって割り出す。
調査時間は、午前6時から午前11時。
料金は5万円〜13万円になります。浮気の調査を例に上げると、行動調査の調査期間は短くても1日、長くても数ヶ月かかります。
調査期間をどのくらいにするかは、いろいろとあるかと思いますが、ポイントとして数点あります。

対象者の浮気の頻度

毎日毎日、浮気を行っているようであれば、1日の調査期間があれば証拠をつかめます。
毎日浮気をせずに月に1度しか浮気をしていない場合は、調査する時間も長期間になります。

対象者の職業と行動パターン

浮気調査は、大体が対象者の仕事帰りに行うことが多いです。
会社員は勤務時間が決まっているので、調査が簡単になります。
営業マンの場合は勤務時間も不定なので、調査をするにも大変になってきます。
自営業の場合はさらに調査が大変になってしまいますので、根気のいる調査が必要になります。

対象者の警戒心

対象者の警戒心が強い場合は、調査員も悩ませてしまいます。
対象者が警戒心が強い場合は、尾行の際に振り返ったりする場合は、調査をしているのがバレないように行動しないといけないので、尾行一つでも苦労してしまいます。

自分で調べた調査内容

事前に知っている対象者の情報を伝えるだけでも、調査員に依頼する時間は減ります。このような内容によって、調査の期間も金額も変わってきます。
前もって自分が知り得ている対象者の情報は提示しておきましょう。


このページの先頭へ戻る